NURO光のライバル登場!?auひかりの新サービス「超ひかり」を徹底解剖!

3月1日からauひかりが下り5Gbpsと10Gbpsのサービスを開始しました。

「超ひかり」という名称でCMには蝶野正洋さんが出演しています。

速度を重視する人にとってはNURO光以外の選択肢となります。

このページでは超ひかりのスペックや注意点とNURO光との比較もしています。

超ひかりのスペックは?

超ひかりの料金からエリアやプロバイダについてまとめました。

対象プロバイダと住居タイプは?

選べるプロバイダはau one net、So-net、@nifty、BIGLOBEの4つです。auひかりには他に@TCOMやASAHIネット、DTIがありますが、残念ながら今のところこれらのプロバイダで超ひかりは利用できません。

また、超ひかりが利用できるのは戸建て住宅向けのホームタイプのみ利用できます。マンションタイプでは利用できません。

ただ、NURO光にマンションタイプが登場したようにいずれ超ひかりでもマンションタイプが登場する可能性は高いと思います。

料金と速度はプランによって変わる

プラン1年目2年目3年目4年目以降
ホーム1G5,600円5500円5,400円5,400円
ホームV5,600円5,500円5,400円5,400円
ホームX6,380円6,280円6,180円6,180円

ホームV(ファイブ)は従来のauひかりホームタイプの5倍の速度(5Gbps)が料金そのままで使えます。ホームX(テン)は下り10Gbpsで料金は780円上がります。

ホームVとXの4年目以降はauスマートバリューに加入することで500円割引された金額で記載しています。スマートバリューに加入していない人は500円アップするので注意です。

対象エリアは?

関東の一部エリアのみが対象になっています。東京、神奈川、埼玉、千葉の一部エリアが対象で、公式サイトから郵便番号だけでエリア検索できます。

新型ホームゲートウェイがauスマートバリュー加入でレンタル料が無料に

新しい無線LAN規格である11ax(下り最大2.4Gbps)に対応したホームゲートウェイ(WiFiルーター)BL1000HWのレンタル料月500円がauスマートバリューに加入することで永年無料になります。

もちろん有線LANでは10GBASE-Tに対応しています。有線LAN接続なら超ひかりのスペックをフルに発揮できます。

すでにauひかりを利用中の人は超ひかりに切り替えできる?

ホームタイプを超ひかり対応プロバイダで契約中の方なら切り替えの申し込みをすれば再工事も不要です。

切り替えの申し込みをしてから1週間程度で超ひかり対応のホームゲートウェイが届くので、利用中のホームゲートウェイと付け替えたら切り替え完了です。

超ひかり切り替え申し込みページ

NURO光と超ひかりのスペックや料金を比較

 通信速度月額料金スマホセット割
NURO 10G下り最大10Gbps
上り最大2.5Gbps
6,480円(1年目3,980円)SoftBank
ホームV下り最大5Gbps
上り最大5Gbps
5,400円~5,600円au
ホームX下り最大10Gbps
上り最大10Gbps
6,180円~6,380円au

NURO光では戸建て住宅と5階建て以下の集合住宅向けに下り最大10GbpsのNURO 10Gを提供しています。上りは最大2.5Gbpsと超ひかりと比べると見劣りしますが、ネットの回線速度では上りより下りが重要なので、ここはあまり気にする必要はありません。

料金は期間限定のキャンペーンが適用されて1年間毎月3,980円で使えます。また、細かいところですが、NURO光は2年契約に対して、超ひかりは3年契約になります。※厳密にはNURO光の工事費の分割払い期間が30ヶ月あるので2年契約とは言えないんですが

最初の2年間だけで比較するとNURO 10Gの方がコスパが良いです。ただし、それ以降は1年ごとに3,600円(ホームXの場合)ずつ料金に差が出ます。

あとは1番大きな違いとしてはスマホセット割の存在です。NURO光はSoftBank、auひかりはauとのスマホセット割が適用されるので、家族でどちらかのキャリアでまとめている人はセット割が適用できるサービスを選んだ方がお得になります。

SoftBankは1台につき月1,000円、auなら1台につき月最大1,410円が割引されます。

超ひかりのスペックを活かすためにはパソコンやLANケーブルを対応しているものにしよう

せっかくネット回線を最速のものにしても使うデバイスが対応していないとスペックをフルに活かすことはできません。

1000BASEやカテゴリ6以下のLANケーブルでは理論値上で最大1Gbpsまでとなるので、パソコンを有線LANで繋ぐなら10GBASE対応でLANケーブルはカテゴリ6a以上のものにしましょう。

超ひかりのまとめ

  • 超ひかりはまだホームタイプのみ提供
  • 提供エリアは関東の一部のみ
  • 料金は5Gbpsプランなら1Gbpsと同じ料金、10Gbpsでも月780円プラスされるだけ

すでに超ひかりへの申し込みでもキャッシュバック特典の対象になっています。超ひかりをお得に始めたい方は下記の関連記事もあわせてお読みください。

もう失敗しない!auひかりのキャンペーンをオプションなしで徹底比較!

2018.04.11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です