auひかりの工事費無料はどういった仕組み?条件や注意点をまとめてチェック

auひかりでは新規開通に伴う工事の費用がマンションなら30,000円、戸建てなら37,500円かかります。

フレッツ光の工事費が最大で18,000円なのと比べるとかなり高額です。

しかし、auひかりでは「初期費用相当額割引」というキャンペーンで工事費が実質無料になります。

このページでは初期費用相当額割引の条件から注意点をまとめました。後から思わぬトラブルにならないようにauひかりの工事についてチェックしておきましょう。

auひかりの工事費無料「初期費用相当額割引」の各種条件と注意点

 マンションホーム
工事費30,000円37,500円
分割1,250円×24ヶ月625円×60ヶ月
割引内容1,250円×24ヶ月625円×60ヶ月
条件なし電話必須

auひかりの工事費を分割払いで払った場合の金額と同額を毎月通信料金から割引します。

マンションタイプはシンプルにネット加入のみで割引期間も契約期間と同じ24ヶ月(2年)で大丈夫です。特に気にする点もないです。

ホーム(戸建て)タイプは工事費割引の期間が60ヶ月(5年)とかなり長いです。工事費の分割払いの期間が昔は30ヶ月だったんですが、60ヶ月になったのに合わせて割引の期間も延びました。auひかりユーザーの平均使用年数が6年を超えることから別に長いわけではないとKDDIが発表していましたが、正直うーんといった内容です。

また、ホームタイプは電話サービス(月500円)の加入が適用の条件になっています。ただ、電話サービスは60ヶ月無料のキャンペーンと電話サービスに加入することでauスマートバリューも適用できるので、これはau携帯を使っている人ならデメリットにはならないです。

auひかりは設備が残っていても工事費は安くならない

フレッツ光では光コンセントや宅内設備が残っているとNTT局内の工事だけで済むので、工事費が2,000円とグッと安くなります。

auひかりも同様に工事費が安くなれば割引分お得になるわけですが、残念ながら工事費はどんな内容でも通常料金がかかります。

家電量販店でパソコンと同時購入でauひかりに加入した人は初期費用相当額割引が受けられないことも

家電量販店ではパソコン購入と同時で光回線に加入するとパソコン本体価格から指定額を割引するキャンペーンがあります。

auひかりでも同じキャンペーンを実施している家電量販店があります。

工事費割引分をパソコン本体価格の割引に使う形になるので、工事費の分割がそのまま通信料に乗ることになります。

申し込み時に必ず「割引停止同意欄」に同意して割引が適用されるので、どういった割引になるか心配になる人は申し込み時に販売員の人に聞いてみましょう。

工事費の分割が残っている状態で引っ越してauひかりを継続した場合はどうなる?

まだ工事費の残債がある状態で引っ越しすることになったとします。引っ越し先でauひかりを使う場合でも一旦工事費の残りを一括で払わないといけません。

ただし、工事費の残りと同額を月額料金から割引になるので、実際は負担0といった形になります。例:工事費が12,500円残っている状態で引っ越した場合は12,500円を一括で払って、新居で使うauひかりの月額料金から12,500円を割引。2ヶ月以上無料になります。

また、新居でもauひかりの開通工事が当然必要になるんですが、再度初期費用相当額割引が適用されます。

これなら工事費用を二重に払うことにならないので安心です。

ただ、プロバイダに連絡してauひかりを継続するよりも解約してauひかりを新規で入り直した方がお得になることの方が多いです。

auひかりを新規で加入すると1番良い代理店経由ならネットのみでキャッシュバックが40,000円を超えます。

auひかりのマンションタイプの2年未満の解約料金は9,500円、ホームタイプの3年未満の解約料金は15,000円です。これに工事費の残りを足した金額が40,000円を下回るようなら間違いなく解約新規でauひかりに加入した方がお得になります。

引っ越しでプロバイダに事前に連絡して手続きしたりと手間がかかるので、お得になるなら尚更解約新規がおすすめです。

もう失敗しない!auひかりのキャンペーンをオプションなしで徹底比較!

2018.04.11

ソーシャルボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です