auひかりが改悪!?解約時の撤去費用が従来の約3倍増の28,800円に

2018年3月以降にauひかりの戸建てタイプを契約した人が解約した場合の撤去費用が高額だと話題になっています。

28,800円の理由と払わない場合の維持費代負担はいくら?

auひかりでは開通時に近くの電柱から引っ張ってきた光ケーブルを固定する光コンセントと呼ばれるものを設置します。

この光コンセントは今まではauひかりを解約した時はそのまま残しておくこと(撤去もできる)ができたんですが、3月以降に契約した人はすべて撤去することになりました。

そして、光コンセントの撤去費用が従来の10,000円から28,800円へ値上げが発表されました。

撤去費用が高額なのと撤去時には立ち合いが必要とユーザー側の負担が大きい、また、撤去を拒否した場合は賠償金を請求すると記載されてたことから炎上しました。※現在は賠償金の旨は削除されています。

賠償金は具体的には残した光ケーブルや光コンセントの維持費代ということです。KDDIの自社網なら月99円、NTTの回線を利用した通信網なら東日本で月341円、西日本なら月577円負担となります。

正直、KDDI自社網の月99円負担なら撤去費用の28,800円になるまで290ヶ月(24年)かかるので、撤去費用を払わずに維持費を払った方が良いぐらいです。

auひかり運営元のKDDIの発表によると元々撤去費用は28,800円で、従来の10,000円負担との差額分の18,800円はKDDIが負担していたということですが、ユーザー的には中々納得し辛いです。

28,800円の撤去費用対象外になるユーザー

  • auひかりマンションタイプを契約しているユーザー
  • 2018年2月までにauひかりホームタイプを契約したユーザー
  • 引っ越し先でもauひかりを契約するユーザー

マンションタイプや以前からauひかりホームタイプを契約している人が対象外なのはもちろんですが、引っ越し先でauひかりを継続して使う人も対象外になります。

一戸建てにお住まいの人が解約する理由は引っ越しよりも他社回線乗り換えの方が多そうな気がしますが、もし引っ越しが理由の解約で新居でもauひかりを使う予定なら28,800円負担を回避できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です