auひかりの料金はどうやって決まる?年間契約から配線方式まで解説

通信料金は毎月支払うものなので、申し込み前にしっかり把握しておくことが大切です。

auひかりの月額料金はお住まいが戸建てか集合住宅で変わり、さらに年間契約や光ファイバーの配線方式によっても変わってきます。

このページではauひかりの通信料金や年間契約の有無、マンションタイプの配線方式についてまとめています。

auひかりの料金解説のすべて

一戸建てにお住まいの方ならホームタイプ、集合住宅にお住まいの方はマンションタイプになります。マンションタイプの人でもホームタイプを利用することはできますが、別途工事が必要で大家さんの承諾が必要だったりと面倒です。

auひかりのホームタイプの料金

プラン月額料金契約期間解約料金
標準プラン6,300円なしなし
ギガ得プラン5,200円2年9,500円
ずっとギガ得プラン5,100円(1年目)
5,000円(2年目)
4,900円(3年目以降)
3年15,000円

ホームタイプでは3つプランがあります。

1つ目の標準プランは何も縛りがないプランです。いつ解約しても違約金が発生しませんが、残念ながら標準プランでauひかりに加入してもキャッシュバックなどの特典がもらえません。ほぼ100%の代理店で年間契約をすることが特典付与の条件になっています。

2つ目のギガ得プランは2年契約になることで、月額料金が標準プランよりも毎月1,100円安くなります。契約更新月以外の解約は9,500円の違約金となります。

3つ目のずっとギガ得プランは1年延びて3年契約になって、ギガ得プランよりさらに安くなります。契約更新月以外の解約は15,000円と違約金も少し高くなります。

auひかりのホームタイプは工事費の分割払いが2018年3月から60回払いになった(625円×60)ので、特典をもらうためにもギガ得プラン以上に加入した方がいいです。

ギガ得プランとずっとギガ得プランのどちらも自動更新タイプです。

auひかりのマンションタイプの料金と配線方式による違い

タイプ配線方式通信速度料金
タイプVVDSL方式下り100Mbps
上り35Mbps
3,800円(16契約以上)
4,100円(8契約以上)
都市機構デラックスVDSL方式下り100Mbps
上り35Mbps
3,800円
タイプELAN配線方式下り100Mbps
上り100Mbps
3,400円(8契約以上)
3,800円(16契約以上)
タイプF光配線方式下り100Mbps
上り100Mbps
3,900円
マンション ギガ光配線方式下り1Gbps
上り1Gbps
4,050円
マンションミニ ギガ光配線方式下り1Gbps
上り1Gbps
5,000円

マンションタイプにはマンションの共有部分から自分の部屋までの光ファイバーの通し方によって光配線方式、VDSL方式、LAN配線方式と3つに分かれます。

配線方式はこちらで変更したりはできません。すでに導入されているのを黙って使うしかありません。

配線方式によってネットの速度と月額料金が変わります。お住まいのマンションがマンションギガタイプならVDSLの数百円高くなるだけで速度がグンとアップするのでラッキーです。

また、同じ下り100MbpsのタイプVとタイプEでは電話回線を利用したVDSL方式よりもLANケーブルを利用したLAN配線方式の方が実際の速度が速くなります。タイプEは比較的新しめのマンションに導入されています。

ちなみに余談ですが、ホームタイプはすべて光配線方式となっています。

マンションタイプは基本的に年間契約必要なし

プラン月額料金契約期間解約料金
標準プラン3,800円なしなし
お得プランA3,800円2年7,000円

ホームタイプと違って年間契約をしなくても料金は高くならないうえに特典もバッチリもらえます。一部代理店では2年契約を条件にしているところがありますが、そういった代理店は避けた方が賢明です。

お得プランAという標準プランと同じ月額で2年契約のプランがありますが、「おうちトラブルサポート」という家のトラブルに対応してくれるオプションがセットになったものです。トイレの詰まりや鍵の紛失などのトラブルが対象でネット関係は対象外です。最近はマンションの仲介業者がこういったサービスを提供してくれるところも増えてきています。

どのプロバイダを選んでも料金は一律で同じ

フレッツ光ではプロバイダによって月に500円以上差が出ることもザラです。

auひかりでは7つのプロバイダ(BIGLOBE,So-net,@nifty,ASAHIネット,@TCOM,DTI,au one net)から好きなものを選べますが、どのプロバイダを選んでも料金は一緒です。

じゃあ、どこで大きな差が出るかと言うと特典のキャッシュバックです。

代理店のキャッシュバック特典ではプロバイダがSo-netかBIGLOBEに指定されていることが多いです。その他のプロバイダを希望した場合はキャッシュバックが5,000円から10,000円ほど減額されてしまいます。

幸いなことにBIGLOBEとSo-netも大手で安定したプロバイダなので、安心して加入できます。

auひかりは料金が一緒なので、キャンペーンの優劣も特典のキャッシュバック額を比較するだけで簡単につくのでシンプルです。

もう失敗しない!auひかりのキャンペーンをオプションなしで徹底比較!

2018.04.11

auひかりでネット以外にかかるものは電話料金ぐらい

ネットしか使わない人でも検討すべきなのはオプションの電話サービス(月500円)です。

au携帯(タブレット含む)の料金が安くなるauスマートバリューの存在がauひかりを選ぶ決め手になった人も多いです。

auスマートバリューを適用するにはネットにプラスで電話サービス加入が条件になっています。

固定電話を全く使わない人にとって月500円は余分な出費と言えますが、auスマートバリューはauの通信料金が最低でも月934円割引されるので、差し引きすると必ずお得になります。

1台でもau回線を持っている人ならまず電話サービスに加入した方がいいです。家族でauを使っている人で入らない理由はありません。

また、ホームタイプは電話サービス加入が工事費実質無料の条件にもなっているので、ほぼすべてのユーザーさんに電話サービスに加入するのをおすすめします。

auひかりの電話サービスのメリットは?料金から電話番号引き継ぎの注意点まとめ

2018.04.30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です