ドコモ光で10Gbpsサービス「ドコモ光10ギガ」がスタート!サービス内容や料金、注意点は?

フレッツ光が4月1日から下り最大10Gbpsの「フレッツ光クロス」のサービス開始をアナウンスしていましたが、フレッツ光回線を利用した光コラボでも同じタイミングで下り最大10Gbpsのサービスを始めます。

ドコモ光でも「ドコモ光 10ギガ」という名称で3月23日から新規受付を開始しています。

このページではドコモ光10ギガのサービス内容とフレッツ光クロスの内容と比較をしています。

実測に定評のあるドコモ光をさらにもっと速く使いたい人におすすめです。

ドコモ光10ギガとは

ドコモ光は2020年4月1日に始まる下り上り最大速度10Gbpsの新しいサービスです。

速度を重視する人には1番人気のNURO光が下り2Gbpsなので、従来のものと比べて理論値で5倍の速度になります。

また、NURO光や電力系の光回線サービス(auひかりやeoひかりなど)ではドコモ光10ギガと同様に下り10Gbpsのサービスはあります。

ただし、工事可能なエリアが狭いのと特典が用意されていないデメリットがあります。

ドコモ光10ギガはフレッツ光回線を利用しているので、NURO光や電力系光回線よりサービス導入可能な建物や地域が広いのが特徴です。

ドコモ光10ギガに対応したプロバイダ

ドコモ光(下り最大1Gbps)は加入するプロバイダを選択する方式となっており、対応プロバイダは40社以上となっています。

しかし、ドコモ光10ギガでは対応しているプロバイダは以下の通りです。※4月2日現在

 タイプAタイプB
10ギガ対応プロバイダドコモnet
plala
GMOとくとくBB
andline
hi-ho
BB.excite
ASAHIネット

表をご覧になるとお分かりの通りタイプA・B合わせて7社だけが10ギガに対応しています。

表以外のプロバイダで現在ドコモ光1Gbpsサービスを利用中の人は対応しているプロバイダに乗り換えるか利用中のプロバイダが10ギガに対応するまで待つしかありません。

ドコモ光10ギガの初期費用・月額料金・解約料金

サービス開始するにあたって新規の工事が必要です。

現在ドコモ光1Gbpsを利用中の人も再度工事が必要です。

ドコモ光10ギガの工事費

 戸建て
工事費18,000円
分割払い1,500円/12回
750円/24回
550円/36回
375円/48回
300円/60回

工事費は一括払いなら18,000円、分割払いは支払い回数によって変わります。

分割払いを選んでも一括払いと支払う総額は変わらないので、契約期間と同じ24回払いを選ぶのをおすすめします。

分割払いが残っている状態で解約をした場合は残り分を一括で払う必要があります。

月額料金

 タイプAタイプB単独
月額料金6,300円(2年契約)
7,800円(縛りなし)
6,500円(2年契約)
8,000円(縛りなし)
5,900円(2年契約)
7,400円(縛りなし)
ルーターレンタル料500円

選択するプロバイダがどのタイプに属しているかで月額料金は変わります。

単独というのはプロバイダ契約なしのプランで、別途ご自身でプロバイダ契約が必要です。

単独+プロバイダ契約の方がほぼ100%料金が高くなるので、請求も別々になりますし私はおすすめしません。

料金は2年契約縛りのあるプランは割引が適用されます。

縛りなしプランもありますが、料金が高くなるのと入会特典(キャッシュバックやポイント還元など)が適用されないといったデメリットがあります。

10Gbps対応した無線LANルーターのレンタルにはオプション料がかかります。

ただし、ルーターを自前で用意する場合はレンタルをする必要はありません。

10Gbpsに対応した無線LANルーターは最安でも30,000円以上かかるので、確実に5年以上使うという話でなければレンタルがおすすめです。

解約料金

月額割引のある2年契約プランを契約して途中で解約した場合は違約金が発生します。2年後は解約しない場合は自動更新で2年延長されます。

違約金は一律で13,000円です。工事費の残りがある場合は合算して請求されます。

契約期間は利用開始月の翌月を1ヶ月目とします。利用開始月が1日の場合はその月を1ヶ月目とします。

たとえば、2020年4月5日に利用を開始したら、2020年5月から2022年4月までが契約期間となります。

違約金のかからない期間は2022年4月、5月、6月と3ヶ月間と長いので良心的です。

ドコモ光10ギガの対象エリア

 西日本東日本
エリア大阪市
名古屋市
23区の一部(足立区、杉並区、江戸川区、練馬区、世田谷区、葛飾区、大田区、板橋区の一部)
受付開始日2020年3月16日(大阪市)
2020年5月11日(名古屋市)
2020年3月16日
サービス開始日2020年4月1日(大阪市)
2020年6月1日(名古屋市)
2020年4月1日

ドコモ光10ギガのエリアはフレッツ光クロスのエリアと完全に同じです。

東京では4月1日からサービス開始していますが、大阪市は4月13日名古屋では遅れて6月1日からのスタートとなります。

また、現在新型コロナウイルスの影響で工事の遅れが出てきているという情報もあるので、あくまで目安として考えていただければと思います。

新しいサービスなので、自分が住んでいる地域がエリアに入るまではしばらく時間がかかりそうです。

ドコモ光10ギガの注意点・利用できないオプション

申し込み可能なのは戸建てタイプのみ

現在申し込み可能なのは戸建てタイプのみです。

したがって、集合住宅(マンションやアパート)にお住まいの方は大家さんに許可を取って戸建てタイプを新たに引かない限りは加入することはできません。

集合住宅タイプの受付がいつ始まるかは未定です。

ドコモ光電話はドコモ光10ギガでは利用できない

月500円で使えるドコモ光電話は残念ながらドコモ光10ギガでは利用することができません。

ドコモ光1Gbpsサービスを利用中でドコモ光10ギガへ切り替えを検討中の方は要注意です。

いずれドコモ光10ギガでもドコモ光電話に対応する可能性はありますが、予定は未定です。

ドコモ光10ギガはどのプロバイダで申し込むべき?

まだ対応プロバイダが7社のみなのと各社取り扱いを発表しただけで、入会特典についてはまだ公表されていません。

各社の入会特典が出揃ってから申し込みの判断をした方がいいです。

ソーシャルボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です