@nifty光とビッグローブ光はどっちがおすすめ?料金やキャンペーンを徹底比較!

auスマートバリューが使えるレアな光コラボである@nifty光とビッグローブ光。

どちらに加入しようか迷っている人も多いんじゃないでしょうか?

このページではどちらにしようか検討中の人に向けて@nifty光とビッグローブ光の月額料金やキャンペーンを比較してまとめました。

@nifty光とビッグローブ光を料金・評判・キャンペーンで徹底比較

毎月かかる通信料金から初期費用や工事費、そして入会特典を比較してみました。

月額料金や初期費用、解約料金を比較

 @nifty光ビッグローブ光
2年契約4,500円(戸建て)
3,400円(マンション)
5,180円(戸建て)
4,080円(マンション)
3年契約4,510円(戸建て)
3,490円(マンション)
4,980円(戸建て)
3,980円(マンション)

@niftyは3年契約の方が縛りの緩い2年契約より料金が高くなっていますが、これは2年契約の方は3年目から通常料金5,200円(戸建て)と3,980円(マンション)に戻るので、結果的に3年契約の方がお得になります。※3年契約の方も4年目から通常料金に戻ります

月額料金だけで比較すると@nifty光の方が最大で17,640円お得です。

ただし、次の初期費用や工事費を加味すると話は変わってきます。

初期費用と工事費を比較

 @nifty光ビッグローブ光
初期費用2,000円3,000円
2年契約18,000円(戸建て)600円×30回
15,000円(マンション)500円×30回
18,000円(戸建て)500円×30回
15,000円(マンション)400円×30回
3年契約30,000円(戸建て)750円×40回
27,000円(マンション)675円×40回

初期費用は@nifty光が2,000円、ビッグローブ光が3,000円となっています。

新規で加入する場合にかかる工事費は一括払いか分割払いが選べます。

@nifty光は2年契約と3年契約で工事費は変わりません。

ビッグローブ光は3年契約にすると工事費が上がってしまいます。工事内容は2年契約と変わらないので、ユーザーへの縛りがキツくなった感じです。※月額が安くなるメリットはあります

工事費でも@niftyに軍配が上がるかと思いきや実はビッグローブ光の方がお得になります。

その理由は@nifty光には工事費割引や無料のキャンペーンはありませんが、ビッグローブ光には工事費と同額分を月額料金から割り引く実質無料のキャンペーンがあります。

したがって、上の月額料金の比較も工事費を加味しないと意味がありません

ただし、転用の場合は当然どちらも工事費がかからないので、@nifty光が断然お得になります。

新規で工事費を加味すると2年契約ではトータルで1,920円(マンションタイプは4,320円)@nifty光、3年契約では毎月4,680円(マンションタイプは360円)ビッグローブ光の方がお得になります。

結果的に月額料金自体にはそこまで大きな差はありません。あとはキャンペーンでどちらが良いか判断しましょう。

解約料金

 @nifty光ビッグローブ光
2年契約9,500円9,500円
3年契約20,000円20,000円

契約期間内の解約による違約金はどちらも同じで差はありません。

ただ、3年契約で途中で解約した場合は、ビッグローブ光の方が元々の工事費が高いのと分割払いの回数が多いので、@nifty光より出費が多くなってしまいます。

入会特典キャンペーン比較

新規・転用が対象の入会特典キャンペーンを見ていきましょう。

 @nifty光ビッグローブ光
新規20,000円CB25,000円CB
転用10,000円CB25,000円CB

それぞれオプション不要でネットのみで1番お得な代理店をピックアップしましたが、転用は同額のキャッシュバックで、新規はビッグローブ光の方が5,000円多いです。

入会特典でも@nifty光とビッグローブ光で大きな差はありません。

スマホセット割の対応状況を比較

 @nifty光ビッグローブ光
セットauスマートバリュー
まるっと割
auスマートバリュー
auセット割
光☆SIMセット割

auスマートバリューはどちらも対応していますが、ビッグローブ光はauセット割にも対応しています。

auセット割はau回線を持っている人が対象で、ビッグローブ光の通信料金から毎月最大で1,200円割り引きます。ちなみに、auスマートバリューとの併用はできません。

家庭内でauを使っているのは自分一人みたいなケースならauスマートバリューよりauセット割がおすすめです。

au以外では@nifty、BIGLOBEどちらも格安SIMサービスに参入しているので、自社のサービスとまとめると格安SIMの料金が安くなります。

@nifty光はNifMoとセットにすることで毎月200円をNifmoの料金から割引します。Nifmoはどのプランでも対象になります。

ビッグローブ光はBIGLOBEモバイルとセットにすることで毎月300円をBIGLOBEから割引します。ただし、BIGLOBEモバイルはデータ容量が6GB以上のプランで、タイプD(ドコモ回線)であることが条件になるので、タイプA(au回線)や3GB以下のプランの人は割引の対象外になるので注意です。

回線速度はどっちが速い?使っている技術の差は?

正直住んでいる場所のユーザー数に左右されるので、一概にこちらの方が速いとは言えません。

また、回線速度にこだわりがある人にはお馴染みのv6プラスは両社とも無料で使えるので、技術的な差もないです。

近所の人がどちらかに加入していて、速度に不満を言っていることが無い限りは速度面ではどちらを選んでも大丈夫です。

まとめ:新規はビッグローブ光、転用は@nifty光が断然おすすめ

 @nifty光ビッグローブ光
初期費用2,000円3,000円
月額4,500円(2年契約戸建て)
3,400円(2年契約マンション)
4,510円(3年契約戸建て)
3,490円(3年契約マンション)
5,200円(2年契約転用戸建て)
3,980円(2年契約転用マンション)
4,980円(3年契約転用戸建て)
3,880円(3年契約転用マンション)
5,180円(2年契約戸建て)
4,080円(2年契約マンション)
4,980円(3年契約戸建て)
3,980円(3年契約マンション)
工事費月600円
月500円
実質無料
特典20,000円CB(新規)
10,000円CB(転用)
25,000円CB+工事費実質無料(新規)
25,000円CB(転用)

新規で加入する場合は@nifty光は工事費が発生するので、月額料金と合算するとビッグローブ光とほとんど変わらなくなります。差が出るのはキャッシュバック分になります。

3年契約で加入するなら、3年トータルで戸建てなら8,680円、マンションタイプなら4,360円ビッグローブ光がお得になります。

転用(フレッツ光ユーザーが光コラボに変更すること)は@nifty光の月額が上がってしまうのとキャッシュバック額が同額なのもあって、新規と同様に差はほとんどありません。

契約期間トータルで@nifty光の方が数千円程度お得になる感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です