OCNのv6アルファは加入する価値はある?内容や注意点まとめ

ネットの回線速度にお悩みの方に強い味方であるIPv6サービス。

OCN光やフレッツ光のプロバイダをOCNで利用している方を対象にオプションサービスとして「v6アルファ」があります。v6アルファは他社ではv6プラスといった名称でも呼ばれています。

OCN利用中の方は電話でOCNのオペレーターさんからv6アルファに加入しないかと勧誘を受けたことがあるのでは?(私はあります笑)

しかし、勧誘を受けてそのまま何も考えずにv6アルファに加入するのは絶対にやめてください!!

このページではv6アルファの中身から注意点について徹底解説しています。

OCNのv6アルファを解説

項目内容
料金月額500円
サービスIPoE方式のv6
専用無線LANルーター
セキュリティ
無料設定サポート
解約料金8,000円(24ヶ月以内の解約)

v6アルファの料金

v6アルファを利用するにはOCNの通信料金にプラスで毎月500円が必要です。

v6アルファのサービス内容

肝心のIPv6の通信方式は速度が出やすいIPoE方式となっています。余談ですが、IPv6にはPPPoE方式とIPoE方式の2種類があって、PPPoE方式ではあまり速度アップに期待できないので注意です。

IPv6の種類や詳しい速度アップの仕組みについては下記の関連記事をご覧ください。

IPv6なら速度アップ!プロバイダ別対応状況や実際の結果まとめ

2018.03.24

専用ルーター「IPoE対応ルーター01」のスペックと注意点

v6アルファに加入すると専用の無線LANルーター「IPoE対応ルーター01」がレンタル料金なしでレンタルできます。

ルーターの名称がIPoE対応ルーター01と聞きなれないものですが、NEC製でスペック的には同社のPA-WG1200HS3(Amazonで大体4,500円程度)と同等のものです。

無線(WiFi)接続時の速度は5GHzで867Mbps、2.4GHzで300Mbpsとなっています。

v6アルファを利用するにはこのIPoE対応ルーター01を通して通信を行う必要があります。市販のルーターではv6アルファに接続できない仕様になっているので注意です。

フィルタリング設定やセキュリティ強度のアップ

小さなお子さんがいる家庭も安心の保護者設定(フィルタリング)があります。

WEBサイトやアプリのアクセス制限やv6アルファに接続したパソコンやスマホのネット利用可能時間を設定することができます。

他にもセキュリティ面ではネットに繋がるテレビやスマートスピーカーなどのIoT機器の不正アクセスをブロックするなどの特徴があります。

設定に不安がある人も安心の無料訪問設定サポート

v6アルファに申し込みをしてIPoE対応ルーター01が到着後2ヶ月以内にOCN訪問サポートセンター(0120-047-860)に電話をするかWEBから訪問設定サポートを申し込むと無料でネットの設定をしてくれます。

サポート内容はOCN光ユーザーかフレッツ光(OCN)で異なります。

 OCN光フレッツ光
ネット接続設定(1台)
ブラウザ、メール、メールアドレス変更設定×
ひかりTV接続設定×
WiFi接続設定(5台まで)
セキュリティ設定

フレッツ光ユーザーよりもOCN光ユーザーの方がサポート範囲が広く優遇されています。

24カ月以内の解約は8,000円の違約金がかかる

v6アルファで1番気をつけないといけないのが最低利用期間があることです。

OCN光やフレッツ光の2年契約縛り(2年契約の自動更新型で違約金は11,000円)とは別にv6アルファは24ヶ月の最低利用期間があります。

回線と同時に申し込みをする場合は問題ありませんが、現在OCNのネットサービスを利用中でv6アルファを申し込む場合は縛り期間が異なるので注意が必要です。

24ヶ月経過後はいつ解約しても違約金はかかりません。

v6アルファの実際の速度は速い?遅い?リアルな評判・口コミを集めてみた

1番気になるのがv6アルファにすることで本当に速度が速くなるかどうかだと思います。

実際にv6アルファにした人の口コミを集めました。

速度面では満足している口コミが多いんですが、気になるのが専用ルーターの不評の口コミが見られることです。

上でも書きましたが、OCNのv6アルファの設備に繋ぐにはIPoE対応ルーター01が必須なんですが、パフォーマンスにバラつきが見られて通信が安定しないといった口コミが少数でしたが見られました。

こういったケースにあたってしまった場合は迷わずOCNのカスタマーセンターに連絡しましょう。機器の交換も含めて対応してくれます。

CONユーザーはv6アルファを申し込むより他社v6プラスサービスに乗り換えがおすすめ

ここまでv6アルファについて書いてきましたが、あなたがCONを利用中でv6アルファを検討中なら加入しない方がいいです。

理由は下記の通りです。

  1. 月額料金がかかる
  2. 最低利用期間がある
  3. 専用ルーターがショボイ

まずコスト面では現在の月額料金にプラスで500円の料金がかかります。v6プラス(他社光回線でいうOCNのv6アルファ)サービスを提供している光コラボ事業者はいますが、ほとんどは無料のオプションサービスとして提供しています。

他社が無料で提供しているものに500円を追加で払うのはどうなのかというのと、次の最低利用期間です。

専用ルーターが無料で使えるメリットの代わりに24ヶ月以内に解約してしまうと8,000円の違約金がかかります。これも他のv6オプションではない縛りです。

そして、最後はv6アルファを利用するために必須の専用ルーターの性能があまり良くないことです。

たとえば、v6プラスを全面に押し出してアピールしているGMOのドコモ光では実売10,000円程度の最大速度1733Mbps(1.7Gbps)のルーターが無料レンタルできます。

わざわざ縛りもあってプラスで費用がかかるv6アルファに加入するよりも別のv6プラスを提供している光コラボに乗り換えた方が速度と料金どちらも良くなる可能性が高いです。

CON光で光電話を利用中の方は電話番号が変わるのはちょっと……と思われるかもしれません。実は2019年の7月から光コラボから別の光コラボに乗り換えても電話番号や光テレビを継続して利用できる(事業者変更,再転用と呼びます)ようになりました。ネックの部分は解決されています。

光コラボから光コラボに工事不要・電話番号そのままで乗り換えできる事業者変更(再転用)がスタート!

2019.09.10

v6プラスが使えるおすすめの光コラボの料金やキャンペーンを徹底比較!

2018.05.12

速度を見直す以外にも料金を見直すきっかけにもしてもらえればなと思います。

ソーシャルボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です