【完全版】SoftBank(ソフトバンク)光の速度が遅い時の理由と改善方法

フレッツ光の光コラボで人気のSoftBank(ソフトバンク)光。ソフトバンク携帯とのセット割や他社回線からの乗り換え時の違約金負担などが人気の秘訣です。

そんなSoftBank光ですが、口コミで多く見られるのが速度が遅いです。

  • 夜になると速度が遅くなる
  • 動画がカクついてYouTubeやHuluが満足に見られない

現在利用中で上記の症状で遅くて困っている人や携帯セット割に惹かれて検討中だけど速度が遅いのは気にかかるという人に向けて、速度が遅い時の理由と速度改善方法を書きました。

SoftBank光が遅い理由と改善方法

主に利用者の増える夜間の時間帯になると速度が低下して満足に使えないことがあります。

この原因は接続方法がIPv4に限定されているからです。

インターネットの接続方法には長い間使われてきたIPv4と次世代規格のIPv6があります。

IPv4接続は多くのユーザーが使っているので、とても混雑しています。IPv6はまだ全体の半分程度も利用していないので空いています。また、規格上の速度もIPv4が最大200Mbpsに対して1Gbpsと速くなっています。

SoftBank光でもスペックをフルに活かすにはIPv4ではなくIPv6でネットに接続する必要があります

IPv4やIPv6の仕組みを知らなくても問題ありませんが、どういう風に変わるか知っておきたいよっていう人は下記の関連記事をご覧ください。

IPv6なら速度アップ!プロバイダ別対応状況や実際の結果まとめ

2018.03.24

SoftBank光でIPv6接続をするために光BBユニットをレンタルする

では、どうすればSoftBank光でIPv6が利用できるようになるかと言うと、オプションの「光BBユニット」をレンタルして利用することで可能になります。

光BBユニットは月額で467円かかりますが、間違いなく加入してレンタルした方がいいです。

SoftBank光は元々の月額料金が月3,800円~と安いですし、おうち光割セットでの携帯料金の割引分を加味すれば元は余裕でとれます。

口コミで評判の悪い速度については467円で解消できます

IPv6対応の無線LANルーターをすでに持っているけど、光BBユニットをレンタルしないといけないの?

バッファローやNECからIPv6対応のWiFiルーターが販売されています。すでに持っているよという人でもSoftBank光でIPv6を使うには光BBユニットのレンタルは必須となります。

正直、オプションにするのではなく標準装備で月額料金を上げて提供すればここまで口コミで速度の不満を言われることもないと思います。

よくSoftBank光の速度改善方法で周辺機器(WiFiルーターやLANケーブル)を最新のものにするというのが見られますが、今まで快適に使えていて、SoftBank光に転用してから速度が遅くなった場合はほぼ100%周辺機器が原因にはなりません。

根本的な解決をするには光BBユニットのレンタルが1番です。速度低下に悩んでいる人はぜひ試してみてください。

また、SoftBank光を検討中の人は申し込みと同時に光BBユニットにも加入しましょう。回線開通と同時に快適にネットが使えます。

今ならオプション不要で新規ならキャッシュバック30,000円、転用ならキャッシュバック13,000円がもらえるキャンペーンを実施中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です