ホームゲートウェイって何?役割やレンタルする必要性を解説

結論から先に言ってしまうとホームゲートウェイはWiFiルーターです。

回線事業者やプロバイダからレンタルできるんですが、人によっては必要ない場合もあります。

ホームゲートウェイの仕組みから本当に必要かどうか書きました。

ホームゲートウェイって何?モデムやルーターとの違いは?

ADSL時代からネットを使ってきた人にとってはなじみ深いモデム。

モデムはADSLやケーブルテレビで用いるアナログ信号をデジタル信号に変換するための機械ですが、光ではすべてデジタル信号なのでモデムではなくONUという機械になります。

モデムだけではセキュリティ面で不安ですし、ネットに接続できるデバイスも1台だけです。そこで、セキュリティ機能をアップして複数台同時に接続できるようにするのがルーターです。

このルーターを回線事業者やプロバイダ事業者がホームゲートウェイと呼んでレンタルで提供しているわけです。

したがって、レンタルしなくても自分でルーターを用意できれば何年もレンタルする必要はないというわけです。

ただ、ホームゲートウェイには電話機能も付いてるので、オプションでひかり電話を付けた人は必ずレンタルすることになります。NTT西日本エリアではホームゲートウェイを「ひかり電話対応機器」と呼んでいます。

光電話を使わない人は自分でルーターを購入した方が長い目で見るとお得

自宅の固定電話を利用しない人はルーターとしてホームゲートウェイをレンタルし続けるよりも自分でルーターを購入した方が長い目で見るとお得になります。

ホームゲートウェイは1番安いレンタルプランでも月350円で1年で4,200円かかります。4,000円あればバッファローやNECのルーターが買えてしまいます。

ホームゲートウェイのレンタル料金

エリア通常料金無線LAN割引プラン
NTT西日本450円100円250円
NTT東日本750通常料金にコミ×

NTTの東西エリアで料金が変わります。

西日本エリアでは標準プランと低価格プランの2種類があります。標準プランは契約期間の縛りがない代わりに月450円で無線LANカードの追加に100円かかります。低価格プランは2年契約する代わりに月250円に下がります。2年未満の解約は2,000円の違約金がかかります。

東日本エリアでは月750円でホームゲートウェイに無線LAN機能付きでレンタルできます。

光でんわ加入でホームゲートウェイのレンタル料が無料に

ホームゲートウェイのレンタル料はオプションのひかり電話に加入することで無料になります。

固定電話を使っている人はこっぴりお得になります。ただ、ひかり電話のオプション料金500円は毎月かかります。

まとめ:ひかり電話に加入しない人はレンタルしなくて大丈夫

ひかり電話に加入する人は無料で付いてくるというイメージで大丈夫です。

ひかり電話を使わない人にとってはただのルーターなので、わざわざ毎月レンタル料金を払うのは長い目で見るともったいないです。

レンタル料金を払い続けるよりもバッファローやNECのルーターを5,000円出して買った方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です