LANケーブルのカテゴリと形状による速度やノイズの違いを比較

無線LANを利用している人が多いと思いますが、その無線LANを使うにもモデムやONUとWi-Fiルーターを繋ぐにはLANケーブルが必要です。

また、無線LAN環境があっても速度が必要な配信やオンラインゲームをしている人はあえて有線LANで接続していることが多いです。

ケーブルが断線したりなど何か不具合が起きないと見直す機会がないLANケーブルですが、細かいカテゴリが存在していて、カテゴリごとに最大速度が異なるので、回線を乗り換えたのにネットの速度が遅いという人は見直してみるのをおすすめします。

LANケーブルのカテゴリと形状による違い

まずLANケーブルにはカテゴリという規格があって、カテゴリごとに最大通信速度と伝送帯域が異なります。

ネット回線を速度の評判が良いところに乗り換えたのに遅いままという人は古いLANケーブルを使いまわしている可能性があります。

カテゴリごとの通信速度と伝送帯域

カテゴリ最大通信速度伝送帯域
5100Mbps100MHz
5e1Gbps100MHz
61Gbps250MHz
6A10Gbps500MHz
710Gbps600MHz
840Gbps2,000MHz

伝送帯域はあまり聞きなれない語句ですが、一度に送ることができるデータの量と考えてもらえれば大丈夫です。数値が大きいほど速度も速くなります。

カテゴリ5eと6は最大通信速度は同じ1Gbps(1,000Mbps)ですが、伝送帯域が2.5倍も違います。5eの方がノイズの影響を受けやすいため、実売価格で両者に大きな差はないので、カテゴリ6の購入をおすすめします。

迷ったらカテゴリ6を選んでください

ただ、最近はNURO光が下り2Gbpsだったり、auひかりでも戸建て住宅を対象に下り5Gbpsや10Gbpsの超ひかりというサービスがあるので、加入している回線によってはスペックをフルに活かすためにカテゴリ6A以上を購入するのもアリです。

カテゴリ8は個人で使用するデバイスではまず対応していないので

利用中のLANケーブルのカテゴリの見分け方

LANケーブルの多くにはケーブルにカテゴリが印字されています。

印字されていない場合は残念ながら判別不能です。

一部のハブでは繋いだ時の色(1Gbpsは緑、100Mbpsはオレンジ)で見分けることができますが、わざわざ利用中のLANケーブルを判別するために3,000円以上出してハブを購入するより、LANケーブルを買った方が安いです。

LANケーブルの形状は大きく分けて3つ

LANケーブルには「スタンダード」「スリム」「フラット」と3種類の形状があります。

スタンダードタイプの特徴

3つの中では1番太いのがスタンダードです。

導線が太い分曲げにくい欠点がありますが、ノイズの影響を受けにくいので、長い距離でも速度が落ちにくいです。

速度にこだわる人ならスタンダードが1番おすすめです。

スリムタイプの特徴

スタンダードより導線が細くなっているので曲げやすいんですが、ノイズの影響を受けやすくなっています。

配線が長くなる状況下では向いていません。

フラットタイプの特徴

1番薄いのがフラットです。まるできしめんみたいに細いです(笑)

ドアの隙間や絨毯の下に通す時に使うのに適していますが、こちらもスタンダードと比べてノイズの影響を受けやすいです。

LANケーブルには他にもノイズの干渉を受けにくいシールドに覆われたSTPケーブルやシールドの無いUTPケーブルなどがあります。

「単線」と「より線」は使用する長さによって使い分ける

LANケーブルには基本8本の芯線が通っています。その芯線の中味が1本の太い銅線なのが「単線」、7本の細い銅線で構成されてるのが「より線」です。

単線が1本が太いので固くて曲げにくいんですが、ノイズを受けにくいので長距離の配線に向いています。

反対により線は柔らかく曲げやすいので取り回しがしやすいんですが、ノイズの影響を受けやすいので長距離の配線には向いていません。

具体的にどの長さから単線が良いのかというと答えに困ってしまいます(LANケーブルメーカーによって10m以上だったり20m以上だったりとバラバラ)が、迷ったらノイズの影響を受けにくい単線がおすすめです。

LANケーブルの長さが足りないと時は長い物に買い替えるか延長コネクタを購入

引っ越しなどで使用環境が変わるとLANケーブルの長さが足りなくなる時があります。

そんな時はLANケーブルを買い替えるか延長コネクタを購入しましょう。

買い替えが1番シンプルですが、LANケーブルを複数持っている人は延長コネクタで繋ぐのもおすすめです。

ただ、延長コネクタにもLANケーブルと同様にカテゴリが存在するので、ちゃんとカテゴリ6以上の物を選ぶようにしてください。

Amazonでカテゴリ6対応の延長コネクタが約500円で購入できます。※6Aだと800円弱です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です