スマホでU-NEXTアプリを利用した時のデータ通信量の目安【画質別まとめ】

ティップス

有料動画配信サービスでは最大の21万本以上の作品が見放題で人気の「U-NEXT(ユーネクスト)」の画質別のデータ通信量消費の目安をまとめました。

スマホでU-NEXTアプリを利用した時の通信量をカウントしています。

また、U-NEXTを快適に見られない人やデータ通信量を気にせずに楽しみたい人向けに改善策についても書いています。

【画質別】スマホでU-NEXTを視聴した時のデータ通信量

測定環境
iPhoneSE+My Data Manager(データ通信量カウントアプリ)

U-NEXTの画質設定は「最低画質」、「低画質」、「高画質」、「自動」の4種類あります。

デフォルト設定の自動は視聴するデバイスの通信速度に合わせて自動で他3つの画質が適用されます。

画質別データ通信量目安

画質5分視聴時1GBまでの時間
高画質166MB30分
低画質18.5MB270分
最低画質6.9MB720分

表をご覧になると一目瞭然ですが、高画質とそれ以外ではデータ通信量の消費がかなり変わってきます。

最低画質にすれば1GBで12時間も動画視聴できますが、正直この画質まで落とすとただのモザイクで、動画というよりラジオとして音を楽しむ風に変わってしまいます(笑)

個人的には中画質でも動画を楽しむには厳しいので、ちゃんと動画を見るなら高画質一択です。

U-NEXTアプリで画質を変更する方法

U-NEXTアプリを開いてフッターメニューの「マイページ」をタップして、下にスクロールします。

「アプリ設定」をタップして「プレーヤー設定」をタップします。

すると、スマホ回線時とWiFi接続時の画質設定が出てくるので、お好きな画質設定に変更します。※デフォルトは自動です

また、ダウンロードする時の画質も変更可能です。

U-NEXTのデータ通信量を節約する方法

画質を落とす

1番手っ取り早い方法ですが、上でも書きましたが最低画質まで落としてしまうと動画を楽しむというよりラジオを聞く感じになってしまうのでせめて低画質にはしたいところです。

月末でギガが少なくなってカツカツだけど、どうしてもU-NEXTを使いたい!という時以外は最低画質は選ばない方がいいです。

自宅で視聴する時はWiFi接続にする

自宅のネット回線がWiMAXやSoftbank AirなどのモバイルWiFiではなくフレッツ光などの固定回線ならどれだけネットを使っても問題ありません。

家にいる時は基本WiFi接続にしてしまえば通信量を気にする必要もないです。

外出先で視聴する場合はあらかじめダウンロードしておく

外出先で待ち時間などに暇つぶしで動画を見たくなる時もあると思います。

あからじめ自宅でWiFi接続にしてスマホやタブレットに動画をダウンロードしておけば、データ通信量を消費することなく外で視聴できます。

ただし、作品ごとにダウンロード可能か不可か変わるので不可の作品はどうしようもないです。

また、ダウンロードした作品の視聴期限は48時間となっていて、期限が切れた後はもう一度ネットに接続して認証する必要があります。

ダウンロード消費するギガ(データ通信量)はデフォルトの標準画質で2時間1GB、高画質で2時間4GB程度です。

映画一本ダウンロードして持ち運ぶとしたら結構データ通信量を消費します。

また、データ通信量とは別にスマホやタブレットにはダウンロードするための空き容量が必要です。

データ通信量を気にせずにU-NEXTを高画質で快適に見る方法

BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションでU-NEXTの通信量をゼロにする

格安SIMの中には指定サービスのデータ通信量をカウントしないカウントフリーと呼ばれるオプションがあります。

U-NEXTが対象のカウントフリーオプションに加入すれば、U-NEXTでどれだけ動画を見てもギガを消費しないので、速度制限を気にすることなく楽しめます。

カウントフリーがある格安SIMはOCNモバイルONE、BIGLOBEモバイル、LinksMateの3社だけで、そのうちU-NEXTが対象になっているのはBIGLOBEモバイルだけです。

BIGLOBEモバイルは大手プロバイダのBIGLOBEが運営する格安SIMサービスで通信品質も格安SIMの中ではピカイチです。

 3GB6GB
1年目(音声通話SIM)770円+308円1,320円+308円
2年目以降(音声通話SIM)1,320円+308円1,870円+308円
データ専用SIM990円+1,078円1,595円+1,078円

3GB以上のプランであれば、U-NEXTなどのサービスがカウントフリーになるエンタメフリーオプションをつけることができます。

BIGLOBEモバイルでは最大30GBまでのプランがあります。

オプション料金は音声通話SIMなら月308円、データ専用SIMなら月1,078円となっています。

現在音声通話SIMを対象に1年間月額料金の割引キャンペーンを実施しているので、最低の3GBプランなら月1,078円でU-NEXT使い放題になります。

しかも、エンタメフリーオプション代が6ヶ月無料のキャンペーンもあるので、半年間は月770円だけで済みます。

BIGLOBEモバイルではデータ専用SIMよりも音声通話SIMの方が月々のコストが安くなるので、通話は使わないという人もデータ専用SIMではなく音声通話SIMで申し込みの方がいいです。

音声通話SIMは1年の契約期間がありますが、途中で解約しても違約金は1,000円なので違約金を払って中途解約したとしてもデータ専用SIMよりお得です。

月1,078円で3GBのデータ通信量とU-NEXT使い放題!!

⇒BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションの詳細はこちら

NURO光かv6プラス対応の光回線に乗り換える

快適に見るには通信速度が何よりも重要になってきます。

速度に関して評価が高い光回線としてはNURO光とv6プラス採用をしたものがよく挙げられます。

NURO光は下り最速2Gbpsの光回線でNTTが使用していない回線を利用するため、混雑することなくネットにアクセスできるので速度が出やすいです。

ただ、NURO光は開通までに工事が2回あったり、サービス提供エリアが限られているといったデメリットがあります。

NURO光のエリア内で工事ができるようでしたら第一選択肢としておすすめします。

公式サイトから直接申し込めばキャッシュバックが45,000円もらえるので、ネットでわざわざ代理店を探して申し込む必要がないです。

キャッシュバック45,000円実施中

⇒NURO光のエリア検索やキャッシュバック特典の詳細はこちら

自宅がNURO光のエリア外や工事できない人にはv6プラス採用の光回線がおすすめです。

v6プラスとは従来のネットがIPv4という経路を通ってネットにアクセスするのに対してIPv6という別の経路を取ってネットに繋がるので、混雑を回避してネットが使えます。

v6プラスを採用している光回線は数多ありますが、利用するには有料オプション(月500円程度)に加入する必要がある会社もあるので、無料で加入できて月額が安いところを選ぶのが重要です。

とにかく余分な物無しで格安でv6プラスを使いたいならGMO光アクセスがおすすめです。

GMOはWiMAXのプロバイダとして最大手の会社で信頼度があり、GMO光アクセス自体はサービスが本格的にスタートしたのが2021年7月なので、まだまだ加入者も少なく快適に使えます。

しかも、今なら工事費無料とv6プラス対応のWiFiルーターが永年無料でレンタルできるので、始めるのにはピッタリのタイミングです。

GMO光アクセスはフレッツ光の光コラボレーション(回線とプロバイダが一体になったサービス)なので、自宅がフレッツ光エリア内なら使えるので、ほとんどの人が申し込みできます。

料金は戸建ては月4,928円、マンションは月3,883円とかなり安いです。

GMO光アクセスにはスマホセット割はありませんが、格安SIMやキャリアのサブブランドを使っている人なら関係ないので、気にする必要はありません。

⇒GMO光アクセスの詳細はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました