VDSLが遅い!簡単な速度アップ方法から根本的な解決方法まとめ

設備導入が簡単で多くの集合住宅に導入されているVDSL方式。

私が住んでいるマンションもVDSL方式の光が導入されていて、実際に利用しています。

このページではVDSLの速度が遅い理由と解決方法について書いています。

VDSLはどういった仕組み?

VDSLは3つある光回線の配線方式の1つで電話回線を利用した方式になります。他の2つは光配線方式、LAN配線方式です。

VDSLの配線の仕組みは電柱から集合住宅(マンションなど)の共用部分までは光ファイバーで、共用部分から各家庭までは電話回線となります。

最近はあまり聞かなくなったADSLの電柱から共用部分までが光ファイバーになったというだけです。

VDSLの速度が遅いと言われる理由

光配線方式は光ファイバーそのまま、LAN配線方式は共用部分から各戸までLANケーブルと質が良いものになるので、速度が低下しにくいです。

VDSLは電話回線をネットに利用しているため、どうしても上2つの配線方式と比べるてノイズや環境の影響を受けやすいので速度が出にくいです。

これがVDSLが遅いと言われる所以です。

VDSLの速度をアップさせるための方法は3つ

光回線が導入されている集合住宅で複数の配線方式を採用しているところはまずありません。

したがって、VDSLから他の配線方式に乗り換えることは現実的ではないです。

そこで、他の改善方法をご紹介します。

1.マンションタイプからホームタイプに変更

元々マンションタイプは1本の回線を各戸で共有して使う形になります。

ホームタイプに変更することで、1人で回線を専有できるというわけです。(いわゆるマンファミ)

しかし、集合住宅に戸建てタイプの回線を引き込むには新たに工事が必要なことと、物件のオーナーや管理会社の承諾が必要になってくるので、中々難しいです。

また、月額料金もマンションタイプと比べて1,000円ほど高くなってしまいます。

2.IPv4接続ならIPv6接続に切り替える

あまりネット関係に明るくない人にとっては難しい話かもしれませんが、間違いなく効果がある解決策です。

インターネットに接続する方法は今まではIPv4という方式をとっていましたが、現在は次世代のIPv6方式があります。

なぜIPv6にすると速度がアップするかと言うと、IPv4はみんなが使っている方式なのでユーザーが多く混雑しています。IPv6ならまだまだ導入していないユーザーも多いので、混雑せずに快適に使えるというわけです。

実際に私もIPv4からIPv6に変更したことで、実効速度が倍になりました。

IPv6の注意点や切り替え方法については下記の関連記事をご参照ください。

IPv6なら速度アップ!プロバイダ別対応状況や実際の結果まとめ

2018.03.24

IPv6に切り替えて満足のいく速度なら1番負担が少ない方法になります。

3.世界最速のNURO光に乗り換える

手間がかかりますが、個人的に1番おすすめしたいのがNURO光への乗り換えです。

速度にこだわるならNURO光以上の選択肢は日本にはありません。

VDSL方式の理論値上の最大速度は下り100Mbpsに対して、NURO光は下り最大2Gbpsと20倍以上速いです。

また、理論値上の数字以上に実際に使った時の速度の安定感がハンパないです。

NURO光には7階建て未満のマンション対象のNURO光(戸建てと同じプラン)と8階建て以上のマンションを対象にした NURO光 for マンションがあります。

戸建てプランは1人で回線を専有できるので料金は月4,743円です。NURO光 for マンションは月2,500円で、集合住宅内の利用者が増えるほど料金は安くなって、10人以上いれば月1,900円まで安くなります。

ここで、NURO光でもマンションタイプなら遅いんじゃないの?と思われたかもしれません。

しかし、安心してください。NURO光は上で書いた通り大元の回線が太いので、複数人で分配したとしてもVDSLよりはるかに速度が出ます。

ただ、NURO光も良いことばかりではありません。NURO光のデメリットとしては開通までに時間がかかることと対応エリアの狭さです。

設備導入済みのフレッツ光なら早ければ2週間程度で開通するところ、NURO光は2ヶ月以上かかることもあります。※NURO光 for マンション導入済みなら宅内工事だけなのでフレッツ光と同じくらいの期間です。

また、NURO光が開通可能なエリアが関東地方以外にも広がったとはいえ、フレッツ光のエリアと比べるとかなり狭いです。

逆にもしお住まいがNURO光のエリア内ならかなりラッキーと言えます。

まずはNURO光のエリアチェックをしてみましょう。

ただ、これらのデメリットを上回るほどの速度は間違いなくあるので、散々速度を改善するための方法を試してきてダメだったという人にこそNURO光にしてみてほしいです。

ソーシャルボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です