月200GB使えるおすすめのポケットWiFiサービスを徹底比較!【料金・縛り】

WiMAX

たくさんネットを使いたい人におすすめの月に200GB使えるWiFiサービスをまとめて比較しました。

毎月の料金から縛り(最低契約期間)の有無、端末は買取かレンタルかなどで徹底比較しています。

【結論】おすすめの月200GB使えるポケットWiFiはこれ!!

私が1番おすすめする月200GB使えるポケットWiFiは「どこよりもWiFi」です。

どこよりもWiFiのイチオシポイント

  • 段階制定額だからあまり使わなかった月は料金を安くできる
  • 縛りありプランと縛りなしプランが選べる

毎月必ず200GB付近まで使う人は稀だと思います。

あまり使わない月がある時にどこよりもWiFiなら使用した容量に応じた料金が自動で適用されるので、通信費を節約することができ無駄がないです。

2年契約と縛りなしのプランが選べるので、月々の料金は少し高くなっても短期間だけ使いたいという人にもおすすめです。

また、どこよりもWiFiでは実際に使ってみて電波が繋がらない場合や通信速度が満足に出ない場合に7日以内であれば初期費用、月額料金、違約金のすべてが0円でキャンセルできます

他社でもこういった初期契約解除制度はありますが、0円になるのは違約金のみで初期契約(契約事務手数料)は返ってこないんですが、どこよりもWiFiではすべて0円なので安心して始められます。

ポケットWiFiの選び方のポイント

契約した後に後悔しないためにポケットWiFiを選ぶ時のポイントをおさえておきましょう。

知らずに契約するとこんなはずじゃなかった!と後悔します。

月に無制限で使えるWiMAXは有名ですが、3日で10GB以上使うと1Mbpsに速度制限されてしまうので、実質月100GBと変わらない状態です。

最低利用期間(縛り)の有無

会社によって最低利用期間が2年だったり全くなかったりします。

前者は当然2年未満に解約してしまうと違約金が発生します。

後者の縛りなしはいつ解約しても違約金はないので、短期間利用の人やいつまで使うか分からないという人におすすめです。

ただし、契約期間の縛りがある方がない方と比べて月額料金が安いことが多いです。

WiFiルーター本体は購入かレンタルか

本来WiFiルーターは1~2万円するものです。

それを2年契約を条件として0円や1円で販売していることがほとんどです。

ただ、光が開通するまでのつなぎとして使いたいといった短期間利用目的の人にとってはわざわざ購入したり2年契約はデメリットが大きいと思います。

縛りなしプランを提供する会社では端末を購入ではなくレンタルすることで初期費用の負担を抑えることができます。

レンタルのデメリットとしては解約時に端末の返却が必須なので、やめた時にこちらから相手に送り返さないといけません。

また、端末を紛失したり破損していたりすると、本体代金を弁償しないといけないので注意です。

月200GB使えるWiFiサービスは5社

どこよりもWiFi

 縛りあり縛りなし
契約期間2年なし
契約事務手数料3,300円3,300円
月額料金4,400円(~200GB)
3,900円(~150GB)
3,400円(~100GB)
2,900円(~50GB)
1,900円(~20GB)
900円(~5GB)
4,900円(~200GB)
4,400円(~150GB)
3,900円(~100GB)
3,400円(~50GB)
2,400円(~20GB)
1,400円(~5GB)
端末JT101JT101
支払い方法クレジットカードクレジットカード
違約金10,450円なし

どこよりもWiFiは昔の携帯電話のパケット定額みたいな段階制の料金プランになっています。

最大200GBの「どこよりもピタッとプランプレミアム」に申し込めば月4,900円(2年縛りなら4,400円)で使えます。

月に使う量が変動する人にとっては段階制定額で上限が決まっているのは融通が利いておすすめです。

また、他の会社は全く使わなくても定額ですが、どこよりもWiFiなら5GBまでの利用なら1,400円(2年縛りなら900円)ですみます。

どこよりもWiFiの注意点

これはどこよりもWiFiに限った話ではありませんが、短期間で大容量通信を行うと速度制限をすることがあります。

この大容量通信の基準は他者では公表されていませんが、どこよりもWiFiでは目安として3日で20GB、1日7GBと公表しています。

この制限にかかると月200GB使い切った時と同じ状態になるので、通信速度は128kbpsに制限されます。

ちなみに128kbpsでは動画サイトはまず利用できないくらいの速度です。

3日20GB1日7GB以上使ったら必ず速度が128kbpsになるわけではありませんが、一応こういったこともあると頭に入れておきましょう。

どこよりもWiFiの口コミや評判

速度に満足する口コミがあった一方全然スピードが出ないといった口コミもみられました。

これはメインとなるSoftbank回線の電波がうまく掴めないことが原因で起きる現象です。

手間になりますが、速度が遅い時は再起動して電波を掴みなおす必要があります。

Chat WiFi

 Caht WiFi
契約期間なし
契約事務手数料4,378円
月額料金4,928円
端末U2s
支払い方法クレジットカード
違約金なし

Chat WiFiは縛りがないWiFiサービスの中で最安のサービスとなっています。

2年使うか分からない、自宅の光が開通するまで普段通りにネットを使いたい人に人気です。

WiFiルーターはレンタルで解約時に返却が必要です。

ルーターを紛失してしまった場合は27,500円を払って弁償しないといけないので、大切に扱いましょう。※自然故障などは無償で対応してくれます。

Chat WiFiの注意点

Chat WiFiは契約時にオプション加入が必須となっています。

上記3つのオプションが初月無料ですが、必ず加入しないといけません。

正直、保険的なChat補償以外は必要ないオプションサービスだと思います。

Chat補償は盗難・紛失も一度だけ補償されるので、外出メインでChat WiFiを使う人は加入しておくと安心できると思います。もちろん解約したい人は解約すればOKです。

セキュリティソフトやバックアップは必要ないと思うので、初月無料のうちに解約しましょう。

オプション解約は解約する月の21日までに公式サイトのお問い合わせフォームから行います。

21日を過ぎてしまうと翌月分までの料金が発生してしまうので忘れずに21日までに解約しましょう。

Chat WiFiの口コミや評判

まだあまり知られていないサービスで加入者も多くないので、速度に関してマイナスな口コミはありませんでした。

5月にプランが一部改変されて従来の100GBプランが料金そのままで半分の50GBになってしまったことについて苦言を呈している人が多かったです。

200GBプランは料金はずっと変わりません。

Chat WiFiでは100GBプランがないので、200GBも使わないよという人は他社サービスをおすすめします。

FUJI WiFi

 通常プランデポコミプラン
契約期間なし12ヶ月
契約事務手数料3,300円3,300円
月額料金5,995円5,445円
端末GlocalMe U3
GlocalMe G3
H01
GlocalMe U3
GlocalMe G3
H01
支払い方法クレジットカード
コンビニ払い
クレジットカード
コンビニ払い
違約金なし5,500円

FUJI WiFiは初回に5,500円をデポジットすることで12ヶ月間料金が500円割引されるデポコミプランがあるのが特徴です。

デポジットした5,500円は12ヶ月使用した後に解約するとちゃんと返ってきます。12ヶ月未満に解約してしまうと返ってこないので注意しましょう。

FUJI WiFiの注意点

月額を最安で使うには実質1年契約となってしまいます。

また、WiFiルーターはレンタルなので解約後は返却の必要があります。

FUJI WiFiの口コミや評判

FUJI WiFiは速度に不満がある口コミが多かったです。

メイン回線としてSoftBankを利用していますが、SoftBankとの契約が2021年5月31日をもって終了するようで、新しいSIMカードと交換することがTwitterで話題になっていました。

新しいSIMカードで早速スピードテストをしている人がいましたが、どうやら微妙のようです。

新しいSIMカードの情報が出回るまでは契約するのは見送った方がよさそうです。

hi-ho Let’s Wi-Fi

 通常プラン
契約期間2年
契約事務手数料3,300円
月額料金4,730円
端末U2s
支払い方法クレジットカード
違約金19,800円(開始月~11ヶ月目)
10,450円(12ヶ月目~)

hi-ho Let’s Wi-Fiは1日7GB使える=7×30で210GB使えるWiFiサービスです。

ある程度1日で使う量が決まっている人は他社の200GBプランより10GB多く使うことができるのでお得です。

たたし、他社と違って知らないとハマってしまう落とし穴があるので要注意です。

hi-ho Let’s Wi-Fiの注意点

1日7GBの通信量を超えてしまうと、超えた日の翌々日の通信速度が128kbpsに制限されます。

これは制限されるかもじゃなくて必ず制限されるので注意です。

動画を見過ぎたり、パソコンやスマホのOSアップデートをする時は気をつけてください。

hi-ho Let’s Wi-Fiの口コミや評判

hi-ho Let’s Wi-Fiは速度に満足してる口コミがある一方不満のある口コミもみられました。

ただ、このページでまとめてるWiFiサービス全般に言えることですが、基本速度がでる回線はSoftBank回線だけと考えた方がいいです。

ドコモやau回線が使えることをアピールする会社も多いんですが、あくまでも補助的な立ち位置で考えておいた方がいいです。

ギガゴリWiFiワールド

 通常プラン
契約期間2年
契約事務手数料3,300円
月額料金6,050円
端末U2s
支払い方法クレジットカード
違約金24,200円(開始月~12ヶ月目)
17,600円(13ヶ月目~)

名前の通り海外でもそのまま使えるWiFiサービスです。

中々今のご時世で海外旅行というわけにはいきませんが、海外オプションなどに申し込みせずに持って行けばそのまま使えます。

ギガゴリWiFiワールドの注意点

注意点というかギガゴリWiFiワールドは料金が高いです……

2年縛りつきで月6,000円超で、2年未満に解約してしまった時の違約金も高いです。

100GBプランは3,267円でかなり安いんですが、200GBプランは正直他社の方が魅力的でおすすめです。

ギガゴリWiFiの口コミや評判

快適に使えてたのになぜか契約してから一週間ほど経つと速度が著しく低下するという口コミがいくつもみられました。

ギガゴリWiFiワールドは200GBプランで他社と比べるとコスパがかなり悪いので、正直契約する候補から外した方が賢明です。

月200GBでどのくらいネットが使える?

200GBがたくさん使えるのは分かるけど、具体的に200GBでどれだけネットが使えるかを知らない人は多いと思います。

具体的にどのくらいネットができるかを表にしました。

利用サービス利用可能時間・回数
YouTube(画質1080p)約230時間
YouTube(画質720p)約300時間
youtube(画質480p)約400時間
Zoom(通話のみ)約2,760時間
Zoom(ビデオつき)約320時間
Yahoo!トップページ表示約90万回
Googleマップを起動して現在地を拡大約166,400回

基本的に通信量は動画>音声>テキストの順で大きくなります。

200GBあればYahoo!トップページを90万回も表示できます(笑)

YouTubeでも高画質と言われる720pで約300時間見られるので、1日10時間も見られる計算になります。

画質を落とせば視聴可能時間はもっと増えますが、自分としては720p以上の画質になれているので、480pで見続けるのは現実的ではないなと考えています。

200GBあっても注意すべきデータ通信は?

動画サイトをずっと垂れ流しにしない限りは中々月200GBを超えるのは難しいです。

また、アプリやOSのアップデートが予定外の通信になりますが、スマホのOSやアプリぐらいなら多くて200MB(0.2GB)程度なのでそこまで気にする必要はないです。

ただし、パソコンとなると話は別です。

Windows10からWindows Updateが自動で行われるようになった(日時を指定することでずらすことはできる)ので、知らぬ間に大容量のデータ通信を行っていることがあります。

数GBから大きいと20GBくらい平気でいくので、セキュリティ面からアップデートは必須ですが、思わぬデータ通信をさせられることがあります。

段階制定額で使わない月もお得♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました