ドコモ・ソフトバンク・WiMAXのホームルーターどれが1番良いか徹底比較してみた

WiMAX

工事不要でコンセントに挿すだけでWiFiが使えるようになるホームルーターが一人暮らしの人を中心に人気です。

WiMAXが最初に据え置き型のルーターを発売して、ソフトバンクが続いてSoftBank Airを発売して後に続いています。

そして、ついにドコモが2021年8月27日にhome 5Gとして参入したことで現在3キャリアが入り乱れる競争となっています。

そこで、どこを選ぶのが1番良いのか、料金、速度、キャンペーンをと総合的に比較してベストなものを選びました。

ホームルーターの契約を検討している人の参考になれば幸いです。

ホームルーターって何ができる?基本を解説

電源さえあれば工事不要で携帯の電波を受信してWiFiが使えるのがホームルーターです。

光回線などの固定回線とモバイルWiFiルーターの中間に位置するもので、光と比べて通信の安定性には劣りますが、モバイルWiFiルーターより電波出力が上がっていたり接続可能台数が多いのが特徴です。

特にWiFiを持ち運ぶ予定もなく自宅メインで利用して工事なしで簡単にネットを使いたい人に人気です。

ホームルーター比較のポイント

まずはどのポイントを見て比較するのかを把握しましょう。

  1. 月額料金
  2. 通信速度
  3. 通信制限
  4. 入会特典やキャンペーン

毎月かかる月額料金をチェックする

使用するうえで毎月支払う月額料金は比較の重要なポイントです。

ただし、月額料金が高くても入会特典に高額キャッシュバックがあったりすると、通信料金の総額から特典分を引いたら月額が高い方がお得ということがネット回線の世界ではよくあります

したがって、月額料金だけで判断するのではなく、入会特典やキャンペーンと合わせて判断することが大事です。

通信速度は理論値で比較しても意味がない

各社カタログに出てくる通信速度はあくまでも理論値上の最大通信速度になるので、実際の通信速度とは大きく異なります。

たとえば、ドコモのhome 5Gは下り最大4.2Gbpsですが、実際の速度は数百Mbpsがいいところです。

また、通信制限にかかっていなければどこの会社でもネットを使っていて困ることはありません。

それよりも通信速度が遅くなる原因になる通信制限について把握しておくことが重要です。

通信制限は絶対にスルーしてはいけない

料金と並んで重要なのが通信制限です。

契約してから後悔しないためにもここは絶対によく見ておきましょう。

3社とも月のデータ通信量の上限はなく使い放題です。

しかし、3日間で規定量を上回ると速度制限が入ったりします。

入会特典やキャンペーンは実質料金に関わってくる

ネット回線では基本的に新規入会する人に対して何かしらの入会特典やキャンペーンを用意しています。

WiMAXでは高額キャッシュバックや月額料金割引が一般的ですが、ドコモはdポイントプレゼントと限られた特典しかないことがあります。

ドコモ・ソフトバンク・WiMAXのホームルーター比較

 home 5GSoftBank AirWiMAX
月額料金4,950円4,180円
5,368円(3年目以降)
初月無料
4,500円(2ヶ月目まで)
4,750円(2ヶ月目以降)
契約期間なし2年3年
機種代金39,600円(実質0円)59,400円(実質無料)25,000円(実質無料)
月間通信量上限なしなしなし
短期間通信量上限非公表なし3日15GB
通信速度下り最大4.2Gbps上り最大218Mbps(5G)
下り最大1.7Gbps上り最大131.3Mbps(4G)
下り最大962Mbps
上り非公表
下り最大2.7Gbps
上り最大186Mbps
特典なしキャッシュバック40,000円なし
実質月額料金4,950円3,103.3円4,611.1円
解約料金機種代金の残り10,450円+機種代金の残り16,000円(24ヶ月以内)
11,000円(25~36ヶ月目)
+25,000円(機種代金)

表の「実質月額料金」の項目をご覧になると一目瞭然ですが、SoftBank Airがめちゃくちゃ安いです。

これは特典のキャッシュバック40,000円によるものです。

実質月額料金とは契約期間内に支払う通信料金の総額から特典分を引いて契約月数で割った数字のことです。

契約期間と機種代金

ドコモのhome 5Gが最低利用期間なし、SoftBank Airは2年、WiMAXは3年とそれぞれ縛りの長さが異なります。

途中解約による違約金はドコモがゼロ、Softbankは10,450円、WiMAXは契約している期間によって11,000円か16,000円となっています。

また、違約金以外に関わってくるのが機種代金の分割払いです。

たとえば、ドコモは機種代金39,600円を毎月1,100円の36回払いで支払う形になりますが、毎月1,100円が月々サポートで通信料金から割引されるので、実質0円になっています。

36回払いなので支払いが残っている間に解約すると1,100円×残り月数分を一括で払うことになります。

Softbank Airは機種代金が59,600円と他と比べてかなり高く、また月1,650円を36ヶ月割りという形で実質0円になっているので、途中解約は10,450円の違約金にプラスで1,650円×残り月数分を一括で払うことになります。

タイミングによってはかなりの高額出費になるので途中解約は慎重に判断する必要があります。

WiMAXはプロバイダによって解約料金や機種代金の扱いが変わってきます。

今回はカシモWiMAXの例をにしていますが、カシモの場合は契約期間の長さと最初の3年以内に解約してしまうと機種代金25,000円を全額払わないといけないくなります。

ドコモの3日間通信量制限はブラックボックス

3社とも月間通信量による速度制限はありません。

しかし、3日間の使用した通信量に応じた制限はあります。

ドコモは

当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。

と公式サイトに記載されていますが、今のところ下のツイートの口コミ通り特に目立った制限はありません。

まだ8月末にサービス開始したばかりで利用ユーザーが少ないため、そこまで回線に負担がかかってないのが理由と考えられますが、いずれ具体的な制限は設けられると考えるのが自然です。

Softbankは

  • ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。
  • 特定のエリアでネットワークが高負荷となった場合、該当エリアのお客さまについては、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

と公表しているので、どれだけ使ったら遅くなるかは不明です。

WiMAXは5Gになったことで今まで3日10GBだった上限は3日15GBに緩和されています。

15GBを超えた後は通信速度が1Mbps程度に制限されるので、HD画質で動画を見るのは厳しいレベルになります。テキストメインのサイト閲覧であれば問題ありません。

3社の中で唯一WiMAXだけが3日間制限について具体的なデータ通信量と通信速度が明記されているので、使っていてある日急に遅くなったということにはならないです。

入会特典キャンペーンはSoftBank Airがかなりリードしている

ドコモは元々代理店がそんなに強くなくてネット上でお得なキャンペーンはしているところはほとんどなく、home 5Gにおいてもほとんど見られません。

家電量販店では土日にドコモの拡販イベントをしていることがあるので、そういったタイミングであれば店内家電製品から数万円割引や機種代金割引といったキャンペーンをしていることがあります。

住んでいるエリアによって実施している施策が異なるので、ドコモのhome 5Gでお得なキャンペーンをお探しの人は土日に家電量販店巡りをしてみるのをおすすめします。

WiMAXは5G対応ホームルーターのL11が対象になっているキャンペーンが非常に少なく、カシモやBroadといった一部プロバイダのみが展開している状況です。

WiMAXは5月に5G対応のホームルーターが発売されましたが、2021年9月現在まだまだGMOなどの大手プロバイダではお得なキャンペーンを実施していません。

Softbankはホームルーターのオンライン拡販にかなり力を入れていて、オプション加入不要の有料代理店経由で申し込めばキャッシュバックが40,000円もらえます。

25歳以下の人はSoftBank Airがめちゃめちゃお得になる

年齢制限がありますが、25歳以下の人ならSoftBank AirのU-25割引が受けられます。

この料金割引はとにかく凄くて2年間毎月2,200円割引されて3,168円で使えます

しかも、このU-25割引とキャッシュバック特典は併用可能なので、月3,168円で使えてさらに40,000円キャッシュバックがもらえます。

実質月額料金にするとなんと1,501.3円と意味不明な安さになります。

正直、これを読んでいるあなたが25歳以下なら何も考えずにSoftBank Airにしておけば間違いないレベルです。

ドコモやWiMAXがどれだけ頑張ってもこの安さになることはありません。

もちろん余分なオプション加入といった面倒な条件もありません。

オプション不要でキャッシュバック40,000円

SoftBank AirのU-25割引と40,000円キャッシュバックの詳細はこちら

速度重視ならドコモのhome 5G、料金重視ならSoftBank Airがおすすめ

サービスが開始したばかりでまだ通信制限については不透明な部分が多いドコモのhome 5Gですが、現状は特に通信制限もなく快適に使えているようです。

通信速度は数百Mbpsが安定して出ているようなので、ネットを使っていて困ることはまずなさそうです。

マンションにお住まいでVDSLタイプなら光回線よりhome 5Gの方が速度が出る可能性が高いです。

契約期間の縛りはないので、機種代金の割引をしている家電量販店のキャンペーンを発見したら加入してみるのもアリです。

料金を重視するならSoftBank Airが1番おすすめです。

SoftBank Airスタート割で月額が安くなって、さらに代理店経由で申し込めば40,000円のキャッシュバックがもらえます。

さらに、もし契約者が25歳以下ならU-25割引で月額が3,168円まで下がるので、実質月額1,500円台でネットが使えちゃいます。

オプション加入不要で最短2ヶ月で振り込み

SoftBank Airの40,000円キャッシュバックキャンペーンはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました