WiMAXの新料金プランが10/1からスタート!旧料金プランと比較してみた

電気通信事業法の改正に伴って10月1日からWiMAXでは料金プランが変更となります。旧プランでの申し込みも9月30日をもって終了となります。

このページでは新ギガ放題の詳細と旧プランとの比較をしました。

新ギガ放題の特徴&旧プランとの比較

 新ギガ放題旧ギガ放題
月額料金3,880円4,380円
契約期間2年2年or3年
解約料金1,000円1~12ヶ月目19,000円
13~24ヶ月目14,000円
25~36ヶ月目9,500円
通信制限3日10GBで18~翌2時まで1Mbpsに制限3日10GBで18~翌2時まで1Mbpsに制限
LTE1,005円無料(3年のみ)

新プランでは旧プランと比べて毎月500円安くなります。契約期間の2年トータルでは12,000円もお得です。

契約期間は2年のみとなり、3年がなくなりました。2年後に解約しない場合は再度2年更新となります。2年更新後の月額料金は4,050円です。

新ギガ放題プランでは契約期間なしのプランもあって、その場合は月額4,050円です。

解約料金が今まで最低でも9,500円だったのが一律で1,000円となりました。

使用していくうえで重要な通信制限の項目は新旧どちらも同じ内容です。

WiMAXでは関係の深いauのLTEがオプションで利用できます。旧ギガ放題では3年契約にすれば無料で使えましたが、新ギガ放題では1,005円のオプション料を支払って使う形になります。
※GMOでは3年契約プランがあるのでLTEが無料で使えます

旧ギガ放題から新ギガ放題へのプラン変更はできる?

現在WiMAXを利用中の人が気になるのが新プランへの変更だと思います。月額割引特典で加入した人以外は基本的に現在のプランより安くなるので変更したいと思います。

旧プランから新プランへの変更は可能ですが、条件があります。

それは最初の契約の満了月を迎えていることです。WiMAXに加入したばかりでまだ契約期間が残っている人は残念ながら新ギガ放題へ変更できません。

最初の契約が満了して自動更新で使い続けている人は契約解除料や契約事務手数料等は一切かからずに新プランへ変更できます。

新プランへの変更受け付けは10月1日から始まりますが、プラン変更が反映されるのは翌月からなので早くても11月分の料金からになるので注意してください。

ギガMAX月割は引き続き提供される

WiMAXと格安スマホのUQモバイルのセット割である「ギガMAX月割」も健在です。

同一名義で両回線を所有していれば、UQモバイルの月額料金から毎月300円割引されます。

新ギガ放題の3,880円とUQモバイルのスマホプランS1,980円の計5,860円が5,560円になります。

新ギガ放題の注意点

新ギガ放題では縛りが緩くなった(解約料金1,000円)せいで機種代金が全額かかるプロバイダが増えました。

今までほとんどのWiMAXプロバイダでは2年や3年契約で加入すれば機種代金は1円や0円が当たり前でした。

解約料金1,000円で機種代金0円ではWiMAXルーターの転売目当てに加入する人が必ず現れるので、事業者側としても対策するために機種代金を割引なしで請求するのは仕方がないです。

機種代金はWiMAX公式では一括払いしかありませんが、一部プロバイダでは分割払いに対応していて初期費用を抑えることができます。※途中で解約した場合は機種代金の残り+解約料金といった形です。

結局縛りが緩くなってもその分機種代金の問題が出てくるので、これからも原則2年3年と使っていくことになります。

ソーシャルボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です